FC2ブログ

NY駐在員の波乗日記

サーフィンとプロレスのブログです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”コスタリカサーフトリップ”というタイトルでブログを書き続けているのにも関わらず、まだ全くサーフィンをしていないことに気づいたので、いい加減

「サーフィンすることにした」

コスタリカの首都サンホセは内陸都市なので、サーフィンのメッカと言われるNicoya半島のNosaraへ向かうことにした。愛用のガイドブック”ロンリープラネット”によると、サンホセ発Nosara行のバスが朝6:00にあるらしい。

1日1本しかバスがないらしいので、乗り遅れないように朝4:30に起きサンホセの宿を後にしてまずはNosara行のバスが出ているバス停に向かう。5:40に無事バス停に到着し、Nosara行のチケットを買おうとチケット売り場のオヤジに話したら、オヤジ曰く、

「Nosara行のバスはない。」

「そんなはずはない!」

”ロンプラ”によると1日1本だが、6:00発のバスがあるではないか。もう一度オヤジに確認してみると、オヤジ曰く、

「Nosara行のバスはもう出てしまった。」

「そんなはずはない!(2度目)」

何度もしつこいが”ロンプラ”によるとNosara行きのバスは6:00発、時計を確認するとまだ5:40ではないか。オヤジとあーだ、こーだ言いあったあと、近くのカベに時刻表が張ってあることがわかり、良く見てみたら、

「6:00発から5:30発にダイヤ変更してる。。」

Nosara行き6:00発のはずが、、


5:30にバスが出てしまったのは本当だったらしく、”ロンプラ”の情報が当てにならないということをすっかり忘れていた(疑ってスマン、オヤジ)。

結局、一旦Nicoyaという村まで行き、そこからNosara行のバスがでているということがわかったので、5:45のNicoya行バスに急いで飛び乗った。

Nicoya行バス


4時間ほどでNicoyaに到着し、Nosara行のバスに乗り換えいよいよNosaraへ向かう。

結構混んでる


が、途中の川に架かっているはずの

「橋が崩壊していた。。」

ので、歩いて川の向こう側まで渡る。バスを再度乗り換えようやくNosara村近くのホテルがあるPlaya Guionesに到着。

この先道なし。。


ホテル近くの"el punto"という地元コスタリカ人が経営しているサーフショップで6'10の大きめショートボードをレンタルし、さっそくPlaya Guionesでサーフィンした。

Playa Guionesは遠浅のビーチでゲットがつらかったが、波はファンウェーブでテイクオフもすごくイージー。初日としては十分楽しめた。ただ、面があまりきれいではなかったので明日以降に期待したいところ。

Playa Guiones 1


Playa Guiones 2

スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ
コメント

これはPCを持っていっているのだろうか?
2007/09/27(木) 11:03:10 | |bero #-[ 編集]

PC持ってったよ。宿にネット設備があったりして結構ネット繋がりました。
2007/09/30(日) 23:52:00 | |ssklondike #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ssklondike.blog102.fc2.com/tb.php/17-69903106
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。