NY駐在員の波乗日記

サーフィンとプロレスのブログです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本へボードを置いてきたので、ボード探しにサーフショップへ行きがてらニュージャージーの海を見に行くことに。

車で1時間ほどで遠くに海が見えてきて、Sandy Hookという海岸の町へ到着。そこから海岸沿いの道を車でSeaside Parkという町まで南下しながら、波をチェックしようとしたところ、、、

「海が見えない!」

事前に聞いてはいたけど、アメリカでは特に観光地ではなくてもプライベート・ビーチとパブリック・ビーチがはっきりと分かれており、プライベート・ビーチの方がかなり広い。

しかも、もう一度書くがここは”カリフォルニアの青い海”でも”フロリダの白い砂浜”でもなく、たかが”ニュージャージーの海岸”である。

「ニュージャージーのくせに」

である(ニュージャージー好きの人ごめんなさい)。

プライベート・ビーチと海岸沿いの道路は高い塀で仕切られており、ビーチ所有者でないとプライベート・ビーチにアクセスできないことはおろか(塀に数十mおきに掛かっている階段やはしごの前にある門には鍵が掛けられている)、近くから海自体も見れない仕組みになっている。

おそらくそうすることで、ビーチ入場権なるものをプレミア付の高値で取引し、州政府や地元不動産屋が儲かる仕組みになっているのだろう。日本だと、

「ふざけるな、ビーチはみんなのものだ!」

と普段はかけらもない正義感をここぞとばかり奮いたくなるが、ここはアメリカなので仕方なく近くの狭いパブリック・ビーチへ(特に誰に負けたというわけじゃないけど、なんか敗北感を感じた。。)。
P1000103.jpg

この日はコンディションがあまり良くなく、すね~ひざ程度。近くの道路沿いにサーフショップも見つけたが、残念ながらクローズドだった。
P1000114.jpg

まずはボードを買わなきゃ。
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ssklondike.blog102.fc2.com/tb.php/2-49ee1c39
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。